中学受験は塾の力を借りて

中学受験は小学6年生にとっての大きな試練です。勉強に限ったことではありませんが、まだ未熟な子どもの場合、能力的に劣っているために「できない」ことよりも、知識が欠如しているために「できない」ことの方が多いです。
ですので、何事もできるだけ早い段階のうちに適切にプロに指導してもらうことで、大きく成長することがしばしばあります。

中学受験にあてはめてみると、専門の塾もしくは家庭教師がその道のプロであると言えるでしょう。塾への賛否はいろいろあるかと思いますが、塾講師は各教科のプロフェッショナルです。通塾することで、受験のための新しく、深い知識を得ることが出来るはずです。
また、講師達は子ども達に対し、そのような知識をいかに面白く伝えるか、ということを考え抜いているので、とにかく授業が魅力的です。子ども達は知的好奇心を満たされつつ、中学受験のための学力を身につけることが出来ます。勉強に対し、根本的な興味や関心を抱けるのです。

さらに、塾のテキストは優れものです。学校の教科書というのは、様々な学力レベルの子に対応できるように作られているものですが、塾のテキストの場合は、志望校や学力レベルごとに作られているのが一般的です。つまり、とても効率的に学力を伸ばすことが可能なのです。

一方で、塾に通うことなく、難関校に合格する子どもがいるのも事実です。
ですが、我が子がそのような能力を兼ね備えているか否かが分からないのであれば、その道のプロである塾で鍛え上げた方が合格の可能性が上がるはずです。